sansan

ハイブリッドな働き方でも、
コミュニケーションを円滑に

2022.01.11

出社とリモートワークを併用するハイブリッドな働き方が進みつつある中、「同僚とのコミュニケーションに支障が出る」という課題が生まれています。

Qリモートワークの導入や推進・定着時に課題と感じることを教えてください。
(リモートワーク導入中、または半年以内に導入予定の人限定)

– 引用「働き方に関する意識・実態調査」
(2021年5月 Sansan株式会社実施)

リモートワークを併用した働き方では、情報共有の機会が減りがちです。例えば、近くで同僚の様子を確認できない・気軽に話しかけられない状況が続く、などが原因となっています。
Withコロナの中、徐々に出社で顔を合わせる機会が増えたものの、リモートワークを組み合わせて働くためには、円滑に社内のコミュニケーションを取れる環境作りが重要です。

本記事では、「完全リモートワーク」や「対面とオンラインを併用するハイブリットな働き方」におけるコミュニケーション課題の解決に役立つ、Sansanの機能・活用法をご紹介します。

コンタクトとメッセージの活用で、
同僚との連携をスムーズに

雑談で気軽に情報交換ができないからこそ、コミュニケーションが生まれる環境づくりをしていきましょう。多くの情報が共有されることで、スムーズな連携につながります。

具体的には、組織として日々の業務の中で、以下の2点を心がけることが大切です。

  • 正しく漏れなく、デジタル上で情報を残しておくこと
  • ささいであっても、こまめに同僚へ情報を共有すること

これらの役に立つのが、Sansanのコンタクトとメッセージです。

コンタクトであらゆる情報を気軽に記録

コンタクトは、名刺を交換した相手にひも付けて、商談内容や社内でのやりとりを記録できる機能です。記録した内容は、データとして保存されているので、企業名や時期などで簡単に検索できます。事前に同僚の商談内容を確認し、営業のバッティングを防ぐのに役立ちます。
また、同僚フォローを使えば、同じグループ内のメンバーが書いたコンタクトを次の日の朝にメールで受け取ることが可能です。日報の代わりとして活用することもできます。

関連記事
コンタクト

メッセージでタイムリーに同僚へ共有

メッセージは、同僚に対してSansan上でテキストのやり取りができる機能です。
コンタクト作成後は、メッセージで関係者に共有しておけば、やりとりをSansan上に蓄積できます。メッセージなら、Sansanからメールなど他のツールにコピーする手間もなく、スムーズにやりとりできて便利です。

関連記事
メッセージ

スマホアプリでコミュニケーションを効率化

Sansanのスマホアプリを使えば、いつでもどこでもコンタクトやメッセージを使うことができます。例えば、通勤時間や会議の移動中にコンタクトで直前の商談のメモを書いたり、過去の商談情報をチェックしたり、重要な案件の場合は同僚にメッセージで内容を確認したり。時間や場所に関係なく、効率的な情報収集や同僚とのやりとりが可能です。

    スマホアプリの利用イメージ

  • コンタクトを作成
  • メッセージを送信

コミュニケーションの円滑化で、
どんな働き方でも成果を最大化

Sansanのスマホアプリからコンタクトとメッセージを活用することで、同僚とスムーズなコミュニケーションを取っていきましょう。
日々の業務の中で、情報を記録し共有することが連携を生み出し、オンライン・オフラインの働き方に影響されない安定した成果につながります。

Sansanスマホアプリをインストールしましょう

  • iPhoneをご利用の方

  • Androidをご利用の方

詳しいインストール方法はこちらの記事でご確認ください。

関連記事
スマホにSansanアプリをインストールしよう

※iPhone、App Store は、Apple Inc.の商標です。
※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは弊社、営業担当にお問い合わせください。
※ページ上の各種情報は掲載日時点のものです。

Sansanはじめてガイド
X