sansan

「これ、誰だろう?」をなくす。Sansanアプリで相手の情報を表示できるようになりました!

お知らせ
2018.07.01

「大切なのはわかっているけど、電話帳登録が面倒くさい」
「不在着信が入っているけど、相手が誰だか思い出せない」
「電話帳の容量が足りず、消しては登録を繰り返している」

日々忙しいビジネスマンにとってスマホは必需品。
でも、こんなもどかしい経験をした方も多いのではないでしょうか。

Sansanアプリで解決!着信時に名刺情報を表示させます

Sansanアプリとスマホを連携することで、登録した名刺の電話番号から着信した際、
発信者の会社名、氏名を表示することが出来ます。

本機能をご利用頂くと、下記のような利点が得られます。

1.「これ誰だっけ?」が無くなる

新しく取引を開始した方の連絡先の手入力、意外と煩わしい作業です。Sansanのアプリとスマホを連携しておけば、手入力の手間も省け、入力ミスも防げます。
もちろん、着信履歴にも相手の「会社名」「氏名」が表示されます。「不在着信の電話番号、これ誰だっけ?」が無くなります。

2.スキャンするだけで自動連携

一度スマホ上で設定をすれば、いつも通りにスキャンをするだけで自動的に連携します。
スキャンをした後に、都度設定をするような必要はありません。

3.電話帳の容量を圧迫しない

Androidをお使いの方、電話帳の登録件数に上限があって登録をしたい人が登録できないという経験、ありませんか?
Sansanアプリとスマホを連携すれば電話帳登録の必要がなくなる為、電話帳の容量が足りない、ということも、もう無くなります。

3分で完了!スマホの設定方法

設定方法はとっても簡単です。
まず初めに、Sansanのアプリが最新版にアップデートされているか確認をしてください。

iPhoneの場合

1.ご利用の端末の[設定]を選択
2.[電話]を選択
3.[着信拒否設定と着信ID]を選択

Androidの場合

1.Sansanアプリの[その他]で[着信設定]を選択
2.[着信時に名前を表示]を有効にする
3.[Sansanに電話の発信と管理を許可しますか]のポップアップで[許可]を選択

※ 着信した電話番号が複数の名刺に記載されている場合は会社名のみが表示されます。
※ キャッシュレスモードに設定されている場合はご利用いただけません。

まとめ

Sansanへ名刺を登録しておけば、名刺を管理できるだけではなく、着信時に相手の「会社名」「氏名」が表示されるようになります。
電話帳登録の手間を省けるだけではなく、着信履歴にも名刺情報が表示されるので、不在着信の相手との商談情報をSansan上で確認してから、折り返すということも出来ます。
Sansanアプリとスマホを連携して、効率的なビジネスライフを。

 

関連記事
スマホにSansanアプリをインストールしよう
関連記事
外出時のわずらわしさを軽減。スマホアプリの便利な機能をご紹介

 

動画でカンタン説明
How To Movie
具体的な活用事例
Sansan Innovation Stories
出会いをつなげる
Community
資料をダウンロード