sansan

着信時の名刺情報表示

2020.05.01

着信時の名刺情報表示とは

Sansanアプリとお手持ちのスマホを連携することで、着信時に発信者の名刺情報を表示できます。スマホをご利用の際、Sansanに登録した名刺の電話番号から着信すると、発信者の会社名や氏名などの情報が表示されます。

着信時の名刺情報表示を利用する3つのメリット

  1. 電話帳登録をしていなくても、着信相手がわかる

    着信画面に発信者の「会社名」「氏名」が表示され、さらに着信履歴にも記録されます。例えば、「不在着信の電話番号、これ誰だっけ?」と困ることがなくなります。

  2. 新しい連絡先を電話帳に登録する手間がなくなる

    一度スマホ上でSansanアプリとの連携設定をすれば、いつも通り名刺をスキャンをするだけで自動的に連携します。スキャンをした後に、都度設定する必要はありません。例えば、「新しく取引を開始した方の連絡先を電話帳に手入力する」手間がなくなります。

  3. 電話帳の容量を守ることができる

    Sansanに自分が登録した名刺と同僚の情報は、電話帳に登録されていなくても着信時に表示されます。そのため、Sansanアプリとスマホを連携すれば電話帳登録の必要がなくなります。例えば、「電話帳の登録件数に上限があって、登録をしたい人を登録できない」ということがなくなります。

3分で完了!
Sansanアプリとスマホの連携方法

まずはじめに、Sansanのアプリが最新版にアップデートされているか確認してください。

iPhoneの場合

  1. ご利用の端末の[設定]を選択
  2. [電話]を選択
  3. [着信拒否設定と着信ID]を選択

Androidの場合

  1. Sansanアプリの[その他]で[着信設定]を選択
  2. [着信の管理]を有効にする
  3. [この機能をオンにするには「他のアプリの…]のポップアップで[設定]を選択
  4. [他のアプリを重ねて表示できるようにする]を有効にする
  5. [電話の発信と管理を「Sansan」に許可しますか?]のポップアップで[許可]を選択
  6. [通話履歴へのアクセスを「Sansan」に許可しますか?]のポップアップで[許可]を選択

注意事項

  • 着信した電話番号が複数の名刺に記載されている場合は会社名のみが表示されます。
  • キャッシュレスモードに設定されている場合はご利用いただけません。
  • Android 8 以前で着信時表示を有効にした状態で OS を Android 9 以上にアップデートした際、着信時表示設定が引き継がれないことがあります。その場合は、アプリを開いて着信時表示の設定を一度 OFF にしたあと、再度 ON にしてお試しください。

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは、弊社営業担当にお問い合わせください。

Pickup

資料をダウンロード
X