sansan

ビジネスを後押しするメッセージの新機能「コンタクト情報共有」

2017.08.02

突然ですが、Sansanのメッセージはご存知ですか?
メッセージとは、同僚に対してSansan 上でメッセージのやり取りをすることができる機能です。名刺を引用できるため、人物情報を記入する手間なく、簡単にコミュニケーションが取れます。
それだけではなく、コンタクト情報もメッセージで共有することができます。今回は、その使い方のポイントと使用事例をご紹介します。

関連記事
「メッセージ」でSansanは”SNS”となる

もう使ってる?メッセージでコンタクト情報を楽々共有

方法は簡単です。商談後、いつも通り新規コンタクトを作成し[メッセージで同僚に共有する]にチェックが入った状態で[保存]をクリックします。すると、そのままメッセージの作成画面が表示され、簡単に商談内容を同僚や上司と共有できます。

詳しい使い方はこちら

進化したメッセージの便利な使い方

1)商談内容と社内のやりとりをまとめて管理

「部下の商談内容にアドバイスがしたい」
「前回の面談後、上司がコメントしてくれたのはどのメールだったかな…」

こんなことはありませんか?コンタクトを作成し、メッセージで関係者に共有しておけば、以後のやりとりをSansan上に蓄積できます。
商談内容とメッセージがセットになるので、あとから上司のメッセージを見失うことも、商談内容を毎回探す必要もありません。

2)重要な案件情報をリアルタイムに共有する

「商談後にすぐに発注をかけないと間に合わない」
「競合に負けられないので、すぐ社内共有をして判断を仰ぎたい」

ビジネスの場では、少しの遅れが大きな損失に繋がってしまうことも。

新しいメッセージはリアルタイムで送信されるので、案件情報を即座に社内に共有し、判断、アクションを起こすことができます。コンタクトフォロー機能のメール通知は翌日なので、タイムラグが発生します。急ぎの場合はメッセージの活用がおすすめです。

メッセージでリアルタイムな情報共有を

メッセージを使用すれば、商談情報もリアルタイムに同僚に共有が可能です。
タイミングを逃さず、スムーズな取引を実現しましょう。

 

動画でカンタン説明
How To Movie
具体的な活用事例
Sansan Innovation Stories
出会いをつなげる
Community