sansan

Sansan × kintone連携で
顧客データ管理の課題を解決

2021.01.15

企業のデジタル化が進み、顧客データをクラウドに蓄積、マーケティング活動に活用することが当たり前になってきました。多くのSansan利用企業も、さまざまなCRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)といったデジタルツールとSansanを併用されています。

この度、Sansanとサイボウズ株式会社が提供しているkintoneとをAPI連携するプラグインが公開されました。これにより、Sansanで管理している名刺データをkintone上に反映することができ、kintoneをCRMとしてマーケティング活動などに活用できるようになります。

すでにkintoneを利用中の企業も、これから検討される企業も、本API連携で効率的なマーケティング活動の実現や、組織のデジタルトランスフォーメーションにぜひ役立ててください。

kintoneとの連携でできること

1. Sansanを利用中で、これからkintoneを活用したい場合

すでにSansanに蓄積された名刺データを利用し、kintoneの顧客情報を新規登録・更新できるようになります。kintoneへ初期データの取り込みが簡単にできるため、システム運用を始めるのもスムーズです。

  • Sansanのデータを、企業情報と担当者情報に分けて、Kintoneへ一括取り込み
  • kintoneに取り込んだデータを、ボタン1つで最新のSansanデータに更新
  • Upsert機能で、取り込み済みデータを更新、未取り込みのデータを新規登録

2. SansanとKintoneを利用中で、新たにデータ連携したい場合

Sansanとkintoneでの二重管理を防ぎ、常に統一された最新の顧客情報を管理できるようになります。いままでのような重複したデータ入力は一切不要で、Sansanのデータを最新に保つだけで、kintoneのデータ更新が容易です。

  • Emailアドレスをキーにして、Sansanとkintoneのデータを一括で紐付け
  • 一度紐づけたkintoneのデータを、Sansanの最新の情報で一括更新
  • kintoneのデータ1件ずつの紐付けや、更新も可能
  • Upsert機能で、取り込み済みデータを更新、未取り込みのデータを新規登録

機能を利用するには

本プラグインはTAMSAN社により開発、運営されています。本プラグインの利用には、TAMSAN社との契約、料金の支払い、Sansanとkintoneの両サービスの契約が必要です。

本プラグインの料金およびお問い合わせ

本プラグイン利用に関する詳細は、下記リンクを参照ください。
https://kintone.tamsan.sg/sansan/

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは弊社、営業担当にお問い合わせください。
※ページ上の各種情報は掲載日時点のものです。

Pickup

X