sansan

Sansan x Marketoでリードナーチャリングに死角なし

2017.09.26

クラウド名刺管理サービスのSansanは、名刺管理・人脈管理の単体サービスとしてご活用頂けますが、実はさまざまなクラウドサービスと連携しています。

本記事では数あるSansanの連携サービスの中から、最近連携の事例数を伸ばしているMarketo連携をご紹介します。

Marketo連携で実現できること

Sansan – Marketo連携では以下の2つのことを実現できます。

1.Marketoに新規リードが生成された際に、Sansanの名刺データを検索し、名刺データが存在すればリードの属性として追加する

2.Sansanに取り込んだ名刺がデータ化された際に、Marketo上に新規のリードを作成する

Marketoはマーケティングオートメーション(以後「MA」)の先駆け的な存在で、海外ではかなりのシェアを誇っています。MAは基本的にはオンラインでの接触をリード化しますが、Sansanと連携させることでオフラインでの接触もリードに活かすことができます。以下、1, 2を詳しく説明します。

連携1:新規リストが生成された時にSansanを検索する

一般的にMAでのリード生成はフォームへの入力をトリガーとして発生します。この際、ユーザーにリードのPrimary Keyとなるemailを入力してもらいますが、そのemailアドレスをキーにしてMarketo → Sansanで名刺データを検索することで、ユーザーがフォームに入力した以上の情報をMarketoに保存することが可能です。

※Marketoのリード詳細画面。名刺の情報でこれらの項目を埋めることが可能

連携2:Sansanに取り込んだ名刺から、Marketoのリードを作成する

展示会などで交換した名刺をMAにリードとして保存したいというニーズは多いですが、多くの場合、(Sansanを通して)データ化した名刺データをcsvとしてMAにインポートする必要があります。Sansan – Marketo連携を使えばSansan内で名刺がデータ化されたタイミングで、自動的に新規リードとしてMarketo側に登録することができます。この連携はZapierというサービスを使用することによって実現されています。

Sansan – Marketoのよくある活用方法

連携1は新規に生成されたリードにできるだけ多くの付加情報を追加したいという欲求です。リードの属性情報に部署、役職、住所など、より多くの情報が付与されていれば、ナーチャリングをする際により細かくセグメント分けすることが可能です。

連携2については、かなり前からSansan – Marketo連携をされているトレジャーデータ様の事例動画をご覧ください。Sansan – Marketoを使ったオフラインリードの活用方法が非常に参考になります。

Marketo連携までの事前準備

まず、この2つのサービスを連携させるには両サービスのご契約が必要です。

  1. の連携行うにあたっては別途費用が発生することはありません。
  2. の連携を行う場合は、ZapierのPremiumプラン(有償プラン)登録を行う必要があります。

これらの連携を行うにあたっては、当社の社員がMarketoのユーザーグループ向けに作成した、Integration Setup Guide (Sansan x Marketo)に手順がまとめられています。具体的な設定方法などが記載されていますので、本記事の末尾からダウンロードしてご参照ください。

連携1:Marketoのウェブフックを利用

Marketoにはウェブフックという機能があります。これはアプリケーションで発生したイベントをトリガーにHTTPのリクエストを送出する機能ですが、これを使ってSansanの名刺情報を検索します。

※Marketoのウェブフック設定画面

具体的な設定方法はIntegration Setup Guide (Sansan x Marketo)のP27~に記載がありますので参照ください。

連携2:Zapierの登録とZAPの作成

Zapierは2つのWebサービスを接続するサービスです。Zapierに関しては以下のサイトに詳しい説明がありますのでそちらをご参照ください。

連携2を行う大まかな手順は以下のとおりです。

  1. Zapierのアカウントを作成する
  2. ZapierのPremiumプラン(有償プラン)に登録する
  3. SansanとMarketoのTrigger Appを選択してZAPを作成する

ZAPの作成には一定のITリテラシーを必要とします。こちらもIntegration Setup Guide (Sansan x Marketo)のP3~に詳しい手順を掲載していますので、参考にしてZAPを作成ください。

SansanのAPI Key

Marketoのウェブフックを設定するにあたってはSansanのAPI Keyが必要です。API KeyはSansanの名刺データを参照する時の認証情報で、Sansan上でユーザー毎に発行します。このAPI KeyをMarketoに設定することでSansan上の名刺データを参照できるようになります。

API Keyは[API連携] の権限を持つユーザのみ発行可能です。詳しくはSansanのヘルプページ「API を利用して他システムと連携する」をご参照ください。

※SansanのAPI Key発行画面

API KeyはSansanの名刺のアクセス権限を引継ぎます。例えばあなたのSansanアカウントで役員の名刺が閲覧できない場合、あなたが発行したAPI KeyをMarketoに設定すれば、Marketoからも役員の名刺を検索することはできません。

Sansan上の全名刺データをMarketo側でも検索したい場合は、Sansan上で全名刺データを閲覧可能なアカウントでAPI Keyを発行してください。

Integration Setup Guide (Sansan x Marketo)を利用する上での注意

同資料はMarketoのユーザーコミュニティに提供するために作成された資料で、Sansan – Marketo連携の動作を保証するものではありません。連携は自己責任においてこれを行ってください。

動画でカンタン説明
How To Movie
具体的な活用事例
Sansan Innovation Stories
出会いをつなげる
Community