sansan

【管理者向け】 初期設定はたったこれだけ!3StepでSansanをはじめよう

お知らせ
2017.02.23

Sansanを導入した!……はいいものの、「一番初めにするべきことは何?」という管理者様は多いかと思います。忙しくてついつい後回し、なんてことありますよね?Sansanを始めるのに必要なことは、“初期設定”と“名刺スキャン” この2つだけです。

今回は、名刺をスキャンする前の、初期設定3ステップをご案内します。

初期設定3ステップ

Step1. 部署・ユーザ追加

ユーザ追加は、Sansanを利用する人を登録する作業です。管理者設定のプルダウンから、①部署追加 ②ユーザ情報入力 ③ユーザへの権限付与 の流れでユーザ追加は完了です。

ユーザ追加の方法は動画をご覧ください。


※ログインは、サービス開始日の当日に届くログイン情報のメールからできます。

Step2. ユーザのログイン・初期設定

ユーザ追加が完了すると、ユーザにログイン情報のメールが届き、ログインできるようになります。ユーザの皆さんに、「メールに従ってログインし、初期設定をしてください」とお知らせしてください。

関連記事
3ステップで初期設定を完了

このお知らせをしないと、メールが埋もれてしまい、ずっとログインしないユーザが発生します。直接でもメールでも、是非ユーザにお知らせをしてください。

Step3. 取込機器の設置

最後の作業はとっても簡単です。取込機器(Sansan Scanner)の設置は、約10分で終わります。同梱されている「Sansanスタートアップガイド」に従って、設置をしてください。

操作方法は分かりやすい資料で

あれ? これで終わり?……終わりです。 あとは、お手持ちの名刺をスキャンする作業だけで、Sansanをはじめることができます。

スキャナの設置場所が、肝となります。運用に乗るスキャナの場所はこちら

関連記事
【管理者向け】スキャナの設置場所が肝!名刺スキャン習慣化のノウハウを紹介

初期設定方法の資料はこちらから

Sansan 初期設定ガイド (管理者向け)

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは、弊社営業担当にお問い合わせください。

Pickup

資料をダウンロード
X