sansan

新しい営業施策「ウェビナー」を
有効活用し、成果につなげる

2020.08.21

新しい働き方で変化する、見込み顧客の獲得方法

出社とリモートワークを掛け合わせた働き方が進みつつあります。
営業部門やマーケティング部門の皆様、このような課題を抱えていないでしょうか。

「ターゲットがいつ出社しているのかわからず、電話がつながらない」
「オンライン商談ではうまくヒアリングができず、機会を最大化できない」
「リード獲得数が減っているが、オフラインのイベントを開催するのは避けたい」

このように、なかなか接点が持てない・顧客のニーズを把握するのが難しい中で有効な施策が「ウェビナー」です。オンラインで実施するため、参加者はいつ・どこからでも視聴でき、オフラインイベントに抵抗がある顧客の参加も見込めます。

ウェビナーで顧客接点を商談へつなげる

ウェビナーを実施すれば、新規顧客はもちろん、既存顧客とも接点を作ることができます。
また、メールや電話よりも熱量を持って伝えられるため、商談につなげやすいのが特徴です。実施後にアンケートを収集すれば、自社のサービスに関心の高い顧客を見極め、アプローチすることが可能です。

しかし、ウェビナーの開催には募集ページの作成や、ターゲットのリストアップ、申込受付や開催後のフォローなど膨大な業務が伴います。 そのため、誰でも簡単に運営できる仕組み作りが重要となります。

SansanとSeminar Oneを組み合わせて活用することで、運用を簡単に、そして効率化できます。

Sansan × Seminar Oneで実現する、スムーズなウェビナー開催

Sansan × Seminar Oneで運営するウェビナーの流れをご紹介します。

  • 企画立案

    まず、誰をターゲットに何を伝えるのか。企画を考えていきましょう。
    同僚コラボでは、同僚の得意な業種を可視化します。
    ターゲットの業種に精通した同僚に協力を仰ぐことで、ニーズに合った企画を作ることができます。

  • 募集ページ作成

    セミナーの内容が決定したら、募集ページを作成しましょう。
    募集ページでは、セミナーの内容を魅力的に伝え、集客につなげる必要があります。
    Seminar Oneでは、Webサイトを作成する知識がなくても、誰でも簡単に魅力的な募集ページを作成できます。

  • 集客

    集客の際には、ターゲットを適切に抽出することが重要です。
    Sansanの詳細検索では、これまで獲得した人脈をあらゆる条件で絞り込み、リスト化できます。One to Oneメールを配信すれば、顧客と接点を持った社内メンバーからメールが送られたように見え、高い開封率を実現します。

    関連記事
    過去人脈をフル活用。
    受注率を上げるリスト作成と
    メール配信のコツ
  • 申込者管理・開催

    集客を行った後は、いよいよウェビナーの開催です。Seminar Oneと配信ツールさえあれば、申込者の管理から開催までを完了できます。この際、申込者のうち、誰が参加・視聴したのかをリアルタイムで確認することが可能です。

  • アンケート収集

    成果へつなげるためには、開催後のフォローが欠かせません。
    熱量の高い顧客をスピーディーに、適切にフォローするため、開催後のアンケートを実施しましょう。
    Seminar Oneからアンケートを作成することで、回答結果が蓄積されます。

  • 開催後のフォロー

    参加者の情報はSansanに連携し、フォローを行っていきましょう。「営業からの案内を希望する」と回答した顧客にタグを付けて目印とすることで、適切な優先順位でフォローが可能です。加えて、他の接点情報・企業情報を合わせて確認でき、スムーズなアプローチが実現します。

ウェビナーを強化し、商談機会を最大化

オフラインとオンラインを組み合わせた働き方は、今後も継続していくことでしょう。
その中でも、ウェビナーを開催することで顧客の接点を作り出し、成果へとつなげることができます。誰でも簡単にウェビナーを開催できる環境をつくり、商談機会を最大化していきましょう。

Seminar Oneの資料をダウンロード

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは弊社、営業担当にお問い合わせください。
※ページ上の各種情報は掲載日時点のものです。

Sansanはじめてガイド
X