sansan

ウェビナーの有効活用で、見込み顧客を獲得

2020.08.21

新しい働き方で変化する、見込み顧客の獲得方法

コロナ禍で社会情勢が変化する中、マーケティング部門・営業部門の方、こんな危機感を抱いてはいないでしょうか。

「新規のリード獲得数が減ってしまっている」
「リモートワークを取り入れる企業が増え、代表電話への営業では面会ができなくなった」

働き方の変化に伴い、顧客との関わり方も変化を強いられています。
この状況下でも顧客と接点を作るには、ウェビナーの開催がおすすめです。
本記事では、ウェビナー開催時のポイントを紹介するとともに、その中で有効活用できるSansanの機能をお伝えします。

ウェビナーで顧客接点を商談へつなげる

オフラインで顧客と会うことができない今、最も有効な施策の一つがウェビナーの開催です。Sansanを活用すれば、事前準備から開催後のフォローまでをスムーズに実施できます。
ウェビナーで集めた見込み顧客を商談へつなげるためには、事前ヒアリングと開催後のフォローが重要なポイントです。

  • 集客を実施する

    まず「どんな人に来て欲しいウェビナーなのか」ターゲットを決め、メール配信で集客を実施します。
    「タグ」では、部署や役職、会社の所在地などで名刺を分類できます。ターゲットに対して適切にメールを配信できます。

    関連記事
    タグ

    配信の際には「メール一括配信」機能が便利です。
    名刺情報を利用し、メールを送ることができます。

    関連記事
    メール一括配信
  • 開催前のヒアリングを実施する

    集客メールを実施した後、開催日まで時間が空いてしまうと参加率が下がってしまいます。また、参加者のニーズを把握しないままセミナーを実施すると「参加者を満足させられず、商談に結びつかない」ということも起こります。
    このようなことを防ぐためにも、開催日が近くなったら、リマインドメールと一緒に申込者へアンケートを送付し「当日聞きたい内容」や「期待すること」などを回答してもらいましょう。当日話す内容を申込者の期待値に合わせ調整することは、商談へと進める上で非常に重要なポイントです。

    アンケートオプションを活用してアンケートを配信すれば、申込情報と回答が自動的にひも付きます。申込者は、申込みの際に入力した会社名・氏名などの申込情報をアンケート回答で再入力する必要がありません。入力の手間が省けるので、多くの回答獲得が期待できます。

    ※アンケートメールを配信するためには、事前に申込者リストをインポートする必要があります。

    関連記事
    セミナーの出会いを、まるごと活用する
    アンケートオプション
    powered by CREATIVE SURVEY
  • ウェビナー開催後、すぐにフォローを実施する

    フォローに時間がかかってしまうと、参加者の熱も下がってしまいます。
    ウェビナー開催後は、すぐにフォローを実施しましょう。

    ここでもアンケートオプションは役立ちます。
    回答結果は申込情報とひも付いて収集されるため、満足度の「高い・低い」だけではなく、役職や部門も合わせて確認できます。フォローの優先順位を瞬時に判断できるため、商談化率の向上を期待できます。

    関連記事
    セミナーの出会いを、まるごと活用する
    アンケートオプション
    powered by CREATIVE SURVEY

ウェビナーを強化し、商談機会を最大化

これからは、従来のやり方に加えて「オンラインの接点をどれだけ活用できるか」という視点を持たなければなりません。新型コロナウイルスが今後第二波・第三波と押し寄せても、事業を継続させるには顧客接点が必要です。今からウェビナー強化に取り組み、新たなタッチポイントを創出しましょう。貴重な接点を商談へつなげるためには開催前の準備と、開催後のフォローが重要です。Sansanを最大限活用し、商談機会を最大化していきましょう。

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは、弊社営業担当にお問い合わせください。

Pickup

資料をダウンロード
X