sansan

どこでもデータ化。スマホアプリで人脈を逃さず蓄積

お知らせ
2017.04.15

出社予定がしばらくない場合や商談後の移動中にも、Sansanのスマホアプリを使えば、手元に名刺を溜め込む必要はありません。
受け取った名刺はスマホでこまめにデータ化し、人脈を蓄積しましょう。

関連記事
スマホアプリの便利な機能9選

スマホアプリで名刺を取り込むメリット

1.いつでもどこでも、簡単に複数枚の名刺を取り込める

Sansanアプリがあればオフィスにいなくても、複数枚の名刺を同時に撮影し、データ化することが可能です。手順は非常に簡単です。

1.スマホアプリを開いたら、カメラマークを押してカメラを起動します。
2.名刺にピントがあったら画面真ん中の青いボタンをタップし、名刺を撮影します。
撮影が完了したら、右下の名刺の写真を押します。
3.名刺交換日などの情報を設定して、登録ボタンで完了です。

※同時に4枚まで表裏の撮影が可能。スキャナーと同様に高精度ですばやくデータ化することができます。

2.商談メモをすぐに入力できる

記憶の新しいうちに、重要な情報を簡単に記録できるほか他、移動や隙間時間の有効活用で、業務も効率化します。

※ 名刺取り込み時に商談メモを残すには、名刺登録画面で「送信後にコンタクトを作成」をオンにしてください

スマホアプリで、どこでも出会いを蓄積

在宅勤務が多い今だからこそ、つながりを蓄積することが大切です。ぜひ、スマホでのスキャンをお試し下さい。

スマホアプリのインストールがまだの方は、こちらをご覧ください。

関連記事
スマホにSansanアプリをインストールしよう

スマホアプリの操作動画はこちら


 

※記事内でご紹介している機能は、ご契約内容により有料オプションとなる場合がございます。詳しくは弊社、営業担当にお問い合わせください。
※ページ上の各種情報は掲載日時点のものです。

Sansanはじめてガイド
X