sansan

ただスキャンしただけになってない? 名刺を使えるデータベースにする方法(タグ編)

お知らせ
2017.02.23

Sansanの価値といえば、「名刺をスキャンするだけで、正確な顧客データベースが作れる」こと。しかし、さらにある操作をすることで、使いやすさと活用の幅がぐっと広がります。今回は、名刺を使えるデータベースにする、“タグ付け”をご説明します。

タグとは

タグとは、名刺をグループ化して管理する機能です。「○○展示会来場者」「代理店」「キーマン」といった情報を、目印として名刺につけることができます。
※タグは全員で使う共有タグ、個人用のマイタグの2種類があります。

タグの3つのメリット

1. 検索性が上がる

タグで、名刺を検索できるため、こんなことが簡単にできます。

Aセミナータグ・・・ Aセミナーに来たお客様を抽出する
○月決算タグ・・・ 決算月が近い企業を抽出し、注力営業対象にする。
協力会社タグ&商材Bタグ・・・ 商材Bを製作可能な協力会社を割り出す

2. リストがつくれる

タグで抽出した名刺をダウンロードして、簡単にリストをつくることができます。
“年賀状リスト”や“アタックリスト”などのリストもすぐに作成可能。

3. メール配信ができる

メールを送りたいお客様グループをタグで抽出すれば、一気に情報発信もできます。

・セミナーのタグをつけて、次回開催のセミナーの案内を送る
・特定の業界名でタグをつけて、業界特有のお役立ち情報を送る

こんなことが簡単にできます。

 操作方法は動画で

タグ付けは、名刺活用の幅を広げてくれます。スキャンする時につけてしまうのが楽なので、「これは使いたい」という用途があれば、早めにタグ決めてしまうのがおすすめです。

タグ付けの操作方法はこちら


 

タグ作成のコツを知りたい方は、こちらも併せてお読みください。

関連記事
これだけは気をつけよう!運用にのらないタグ付け3箇条をご紹介
動画でカンタン説明
How To Movie
具体的な活用事例
Sansan Innovation Stories
出会いをつなげる
Community
資料をダウンロード