sansan

営業部門

ターゲット企業の
情報収集

戦略を立てる上で情報収集は欠かせません。しかし企業の基本情報や、社内に散在するやりとりを把握するだけでも多くの時間を要します。本記事では、そんなターゲット企業に関わる情報の収集をスムーズにし、より効率的な営業活動を実現する機能・サービスを紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

企業DB / 接点マップ / 契約管理オプション for クラウドサイン / 商談管理オプション for Salesforce / Bill One

効率的な情報収集

接点有無や企業情報を知る

ターゲット企業へのアプローチ方法や優先度は、過去の接点次第で変化します。とは言え、自社内の接点全てを把握するのは難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。
Sansanの企業DBでは、ターゲットの企業名を検索するだけで、自身・自社との接点有無を確認できます。
加えて、従業員数や資本金、最新期業績売上高、決算年月といった企業情報の把握が可能。大手・上場企業を中心に管理者・役職者情報も閲覧でき、キーパーソンの特定まで踏み込むことができます。

機能

企業DB

100万件の企業情報が標準搭載されたデータベースです。企業のホームページ情報、有価証券報告書、役職者情報などが集約されており、接点の有無を問わず最新の...

自社との関係の深さを調べる

ターゲット企業と既に接点がある場合には、そのつながりや関係値をあらかじめ把握することで、戦略的な営業活動に役立てられます。
つながりの深さは数値化しにくいものですが、名刺の獲得枚数や、過去の取引金額といった顧客情報を指標として測ることが可能です。

Sansanの接点マップを活用することで、既にある社内の接点を可視化します。相手企業の名刺獲得枚数や、役職ランク別の接点から関係値を推測できます。

また、契約管理オプション商談管理オプションでは、名刺などの顧客情報を登録するだけで、クラウドサインで締結した契約関連情報やSalesforce®上の商談情報も閲覧できるようになります。
Bill Oneでも、あらゆる請求書をオンラインで受け取り、請求書のクラウドデータベースとして管理することで、企業間取引を可視化します。

社内のあらゆる情報を効率的に収集し、戦略的な営業活動を実施していきましょう。

機能

接点マップ

接点マップについてご説明します。接点マップとは、Sansanが独自でマッピングした機能です。営業戦略を立てる際に、どの部署のどの役職の人にア...

オプション

契約管理オプション for クラウドサイン

契約管理オプションは、顧客情報を登録するだけで、クラウドサインで締結した契約関連情報を、Sansan上で確認可能になります。法務の業務負担が軽減するとともに...

オプション

商談管理オプション for Salesforce

Sansanの商談管理オプションは、最新で正確な顧客情報が反映された、Salesforce上の商談情報を、Sansanの会社詳細画面にて閲覧することが可能になります...

他のサービス

Bill One

Bill Oneは、あらゆる請求書をオンラインで受け取り、企業全体の請求書業務を加速するインボイス管理サービスです。月次決算業務を加速することで、企業経営における...

※ Salesforce は Salesforce.com, Inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

機能活用のための参考記事

他の業務を見る