sansan

営業部門

スムーズなWeb商談

対面とオンラインを組み合わせた働き方が、ビジネスシーンの主流となりつつあります。オンライン対応自体が目的となりがちですが、本来向き合うべきは成果の向上です。本記事では、Web商談当日の課題を解決し、成果につながる機能・サービスをご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

オンライン名刺 / 反社チェックオプション powered by Refinitiv/KYCC

Web商談の課題と解決方法

関係性の構築

直接訪問をして商談をする際には、自身の雰囲気やしぐさも相手から信頼を獲得する武器となっていました。

Web商談では、その情報が伝わりにくい分、信頼を得る難易度が上がっています。人や企業としての確かさが伝わりづらい時代だからこそ、自社が公式に発行するオンライン名刺を持つことで、顧客の安心と信頼を獲得できます。オンライン名刺は、QRコードを背景に表示しておくことで、交換もスムーズです。Sansan内で、簡単にQRコード付きの背景をダウンロードできます。
 
また、「相手が取引先としてふさわしいか」といった判断も難しくなっています。反社チェックオプションを活用すれば、オンライン名刺を交換するだけで、取引リスクのある企業の自動スクリーニングが可能です。
出会いのタイミングでチェックできるので、早期リスク検知が可能です。契約直前で取引ができないと判明した、などのリスクが軽減され、営業リソースの最適化を図れます。

機能

オンライン名刺

オンライン名刺は、相手と直接会って名刺交換するときと同じようなリッチな体験を、オンラインでも実現できる機能です。この機能を使えば、Web会議...

オプション

反社チェックオプション powered by Refinitiv/KYCC

名刺をスキャンする。たったそれだけで、反社会的勢力との関わりを網羅的に検知。Sansanに取り込まれた全ての名刺データに対し、取引リスクを早期に検知することで...

正確なデータの蓄積

「出席者の役職を聞きそびれてしまい、キーマンが誰なのかわからない……」
Web商談ではこんなトラブルも発生します。
オンライン名刺を交換することで、いつ、どんな部署・役職の方と商談をしたのか、接点情報を漏れなく蓄積できます。
商談後のお礼メールや資料の送付先に迷うこともありません。
オンラインの人脈も逃さず記録することで、Web商談から成果につなげていきましょう。

機能

オンライン名刺

オンライン名刺は、相手と直接会って名刺交換するときと同じようなリッチな体験を、オンラインでも実現できる機能です。この機能を使えば、Web会議...

機能活用のための参考記事