sansan

営業部門

アタックリストの作成

効果的なアタックリストを作成するためには、適切なターゲット設定が重要です。本記事では、過去に獲得した人脈からアタックリストを作成する流れと、その中で活用できる機能・サービスをご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

詳細検索 / ダウンロード / タグ / Sansan Data Hub /

効果的なアタックリストの作成手順

1.適切なターゲットの絞り込み

過去に獲得した人脈を元にアタックリストを作成し、成果へつなげるべく、まずは役職や業種などから適切なターゲットを設定しましょう。
詳細検索では名刺上の情報に加え、帝国データバンクの情報から条件を設定し、さまざまな切り口で名刺を検索できます。
ターゲットを設定したら、詳細検索で条件に当てはまる名刺を絞り込みましょう。

機能

詳細検索

詳細検索では、さまざまな条件を指定して名刺を検索することが出来ます。ここでは[会社名][名前][e-mail]以外の項目での検索方法など、よ...

2. 活用しやすいリストを、簡単ダウンロード

名刺の絞り込みができたら、その情報を元にアタックリストを作成しましょう。ダウンロード機能を使い、検索した名刺の情報をCSVファイルで出力することで、リストとして活用しやすくなります。
条件を設定し絞り込んだ名刺に対しては、タグをつけておきましょう。検索条件や作成日時が分かるようなタグを付けておくことで、いつ・どんな条件でリストを作成したのか、組織で管理しやすくなります。

機能

ダウンロード・インポート

名刺情報や会社情報、コンタクトに残した情報は、ダウンロードすることができます。また、Sansanへの名刺情報の取り込みは、CSVファイルでの…...

機能

タグ

タグとは、名刺をグループ化して管理する機能です。タグを付けて管理をすることで、名刺を整理しやすく扱うことができます。タグを活用するメリット検索...

他のSFA・MAをお使いの場合には

SFAやMAツールで顧客の情報を管理している場合にも、そのデータをリストに活用できます。Sansan Data Hubにデータをインポートすることで、帝国データバンクの業種や役職ランク、部署・職種などの情報を付与します。
名刺を交換していなくても、付与された情報から適切なターゲットを絞りこみ、リストを作成することが可能です。
※名刺の有無により、付与される情報は異なります。

オプション

Sansan Data Hub

SansanのAI技術を結集した独自のテクノロジーにより、最も正確で最新の顧客情報である「名刺」を軸に、社内のデータを正規化・統合...

機能活用のための参考記事

他の業務を見る