sansan

広報・IR部門

メディア・機関投資家
の人脈管理

関係性維持の観点で、人脈管理は重要です。とは言え広報・IR部門では外部との接点が多く、全ての人脈を記録・管理することは容易ではありません。本記事では、網羅的な人脈管理や重要度別のメディア管理などに役立つ機能をご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

オンライン名刺 / タグ

運用をシンプルにする、手間いらずの管理法

接点の管理

Excelなどで全ての人脈を管理しようとしても、数が多く煩雑になりがちです。しかし、成果につながるより強い関係性の構築には、一つひとつの接点を大切にすることが必要となります。

Sansanでは、名刺をスキャンするだけで、出会いの記録をとりこぼさずに残すことができます。例えば取材対応をする際、「いつ会った方か思い出せない」「どこの企業の方か覚えていない」という場面で、名前やメールアドレスから簡単に情報を見つけられます。メールのみのやり取りや、Web会議でのやり取りが増えている中でも、オンライン名刺を活用すれば、紙の名刺交換と同様に接点を残すことが可能です。タイプミスで誤ったメールアドレスを記録してしまっていた、ということも起こりません。

機能

オンライン名刺

オンライン名刺は、相手と直接会って名刺交換するときと同じようなリッチな体験を、オンラインでも実現できる機能です。この機能を使えば、Web会議...

属性の管理

蓄積した接点は、活用しやすいように属性別に管理をしましょう。重要なメディアへの早めの連絡や、関心軸にあった情報提供、投資家ごとの言語対応などがスムーズになります。
 
Sansanではタグを使うことで、名刺をグルーピングし、簡単に検索できます。例えば、関係性の深いメディアの名刺を「重要メディアリスト」というタグでまとめておくことで、その名刺を検索し、先んじてプレスリリースのお知らせを送付する、といったことが可能です。

機能

タグ

タグとは、名刺をグループ化して管理する機能です。タグを付けて管理をすることで、名刺を整理しやすく扱うことができます。タグを活用するメリット検索...

機能活用のための参考記事

他の業務を見る