sansan

営業部門

活動分析

戦略的な営業を進める上では、定期的に活動状況を分析し、次の一手へ生かすことが重要です。本記事では、簡単に営業活動の現状を把握・分析できる機能・サービスをご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

名刺分析オプション powered by MotionBoard / オンライン名刺 / コンタクト / 組織ツリー / 接点マップ

営業活動の改善に役立つ現状分析

営業メンバーの活動状況を把握・分析

オフラインとオンラインを組み合わせたハイブリッドな営業手法が求められる中、メンバーの日々の活動が見えにくくなってはいないでしょうか。そんな中でも、Sansanでは簡単に日々の活動を分析でき、戦略に役立つ気づきを得ることができます。

例えばメンバーが、「新規顧客と接点を持てているか」「取引先のさまざまな部署にアプローチできているか」といった活動状況を知りたい場合、名刺分析オプションでは、名刺をスキャンするだけで、アプローチ状況をダッシュボードで簡単に確認できます。Web商談の際には、オンライン名刺を合わせて活用することで、ダッシュボードのデータへ反映が可能です。

また、各メンバーの月間商談数や、Web商談と訪問の割合を知りたい場合にも、コンタクトで営業メンバーが日々の商談を記録することで、記載内容をCSVファイルで出力し分析することが可能です。

メンバーの活動を分析し、受注につながっている傾向から指標を立て、メンバーへのフィードバックや戦略立てに生かしましょう。

機能

名刺分析オプション powered by MotionBoard

「名刺分析オプション」は、名刺をスキャンするだけで、営業のリアルな行動を「見える化」することが可能になる機能です。分析結果は...

機能

オンライン名刺

オンライン名刺は、相手と直接会って名刺交換するときと同じようなリッチな体験を、オンラインでも実現できる機能です。この機能を使えば、Web会議...

機能

コンタクト

コンタクトとは、名刺交換をした相手に対して、その後のコンタクト履歴(面会や電話、メール)を人物に紐づけて記録を残すことができる機能です。コン...

ターゲット企業のアプローチ状況を把握・分析

ターゲット企業が決まっている場合、役職者やキーマンと接点を持てているかを把握・分析し、次にアプローチすべき人物や部署を特定しましょう。Sansanでは、組織ツリー接点マップを活用することで、既にある社内の接点をわかりやすく可視化できます。
例えば、アプローチを継続している中で進展がない場合、役員同士の接点があれば自社の上層部に協力を仰ぐ、といったことが可能です。人脈を活用し、戦略的な営業活動を実現しましょう。

機能

組織ツリー

アイコンから組織ツリーをダウンロードや印刷できます。名刺交換日や所有者を指定して検索できます。※ ダウンロードには [組織ツリーのダウンロー...

機能

接点マップ

接点マップについてご説明します。接点マップとは、Sansanが独自でマッピングした機能です。営業戦略を立てる際に、どの部署のどの役職の人にア...

機能活用のための参考記事