sansan

総務・法務部門

契約情報の管理

法務部門には、日々数多くの企業との契約確認業務が舞い込みます。確認フローの見直しや契約書の電子化を通じて、業務の効率化を実現していきましょう。本記事では、契約締結に欠かせない業務である、コンプライアンスチェックや契約情報の確認に役立つ機能をご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC / Contract One

契約情報の確認をスマートに

一次スクリーニングの自動化で工数削減

企業のガバナンスを強固にするために重要なのが、取引先企業のコンプライアンスチェック。特に企業にとって大きな脅威である「反社会的勢力との関わり」の有無は慎重な確認が欠かせません。しかし受注が重なる時期には件数が増加し、手動での確認作業が大きな負担となってしまいます。
リスクチェックでは、企業の一次チェックを自動化し、反社会的勢力をはじめとした取引リスクの可能性がある企業を効率的に検知できます。

オプション

リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC

名刺をはじめとする顧客情報を登録するだけで、取引リスクがある企業を自動的にスクリーニング。反社会的勢力との関わりだけでなく、マネーロンダリングや⼈権侵害...

契約情報を一元管理

法務部門で契約書作成や契約内容の審査を行う場合、過去の契約有無や契約内容の確認が発生します。例えば、紙の契約書の原本を膨大な数のファイルの中から探し回り、業務負荷がかかってしまうことはありませんか。また、電子契約書の場合でも、取引企業間で異なる電子契約サービスでバラバラに管理していることが多いのが現状です。そのため、企業が契約書を一元管理するためにはPDF化や契約台帳への記入など、煩わしい工数が追加で発生しがちです。
Contract Oneを活用すれば、紙の契約書と電子契約書を正確にデータ化し、クラウド上で契約書の一元管理を実現できます。その結果、契約書や契約内容の検索が簡単になり、契約情報の活用、業務負荷の軽減につながります。

他のサービス

Contract One

Contract Oneは、あらゆる契約業務をオンラインで完結できるクラウド契約業務サービスです。契約書を正確にデータ化し、混在する電子契約書と紙の契約書の...

機能活用のための参考記事

他の業務を見る