sansan

人事部門

エージェント企業の
情報管理

エージェントとのやりとりの中には、採用状況や業界情報、候補者の多い職種など、採用を加速するための有益な情報が詰まっています。本記事では、担当者それぞれが持つ採用情報の共有・管理に加え、新しいエージェントの選定にも役立つ機能をご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

コンタクト / タグ / 反社チェックオプション powered by Refinitiv/KYCC

整理された情報の共有と活用

属人化しやすいやりとりを蓄積

特定のエージェントと長期間にわたる取引を続けていると、先方の担当者の変更や、社内の担当者の異動も発生します。その度に過去の会話内容や注意点などの引継ぎをするのは大変な手間です。
今まで誰と誰が、どのようなやりとりをしていたのか把握できるよう、コンタクトを活用して情報を蓄積しましょう。
打ち合わせ時の議事録や、エージェントの選定理由、採用に至った人材の情報など、後からの確認が大変な情報もスムーズに引継げます。

機能

コンタクト

コンタクトとは、名刺交換をした相手に対して、その後のコンタクト履歴(面会や電話、メール)を人物に紐づけて記録を残すことができる機能です。コン...

特徴から効率的にエージェントを選定

特定の職種の採用を強化したい場合、その領域に強いエージェントを効率よく選定したいものです。エージェントの特徴を「技術職」「第二新卒」などのタグを作りグルーピングしておくと、簡単に絞り込みができます。
「採用イベントで挨拶したエージェントに連絡したい」といったシーンでも、該当イベントのタグを設定しておけば、後から簡単に探すことが可能です。

機能

タグ

タグとは、名刺をグループ化して管理する機能です。タグを付けて管理をすることで、名刺を整理しやすく扱うことができます。タグを活用するメリット検索...

新たな取引の前にリスクをチェック

近年多くの企業で重要視されている反社チェックですが、新たなエージェントを選定する際にも、取引リスクの早期検知が重要です。
反社チェックオプションを活用することで、反社会的勢力をはじめとした取引リスクが潜む企業を網羅的に素早く検知できます。名刺を取り込むと自動でリスクを検知できるので、Webやデータベース上で調査する手間も不要です。エージェントの選定時のフローに簡単に組み込めます。

オプション

反社チェックオプション powered by Refinitiv/KYCC

名刺をスキャンする。たったそれだけで、反社会的勢力との関わりを網羅的に検知。Sansanに取り込まれた全ての名刺データに対し、取引リスクを早期に検知することで...

機能活用のための参考記事