sansan

財務・経理部門

協業企業や投資先の
情報収集

投資や資金調達を成功させる上では、協業企業・投資先の正しい情報を知り、素早くキーパーソンと接触することが重要です。本記事では、効率的な情報収集を行い、素早くキーパーソンを見つけることに役立つ機能・サービスをご紹介します。

活用できるSansanの機能・サービス

ニュース配信 / スマホアプリ / 企業DB / コンタクト / 契約管理オプション for クラウドサイン / 商談管理オプション for Salesforce / 接点マップ / 名刺・人物情報

効率的な情報収集

最新の業界・企業情報をキャッチアップ

日々変わりゆく業界や企業の情報を把握しておくことで、必要な時に素早く投資・協業に関するアプローチを行えます。
ニュース配信では、Sansanで名刺交換した人や企業に関するニュースを即座に確認することができます。また、会社フォロー機能を使うことで、自分が名刺交換していない企業のニュースも豊富に受信することが可能です。さらにSansanのスマホアプリを使用すれば、外出先の隙間時間でも確認できます。

機能

ニュース配信

ニュース配信機能では、名刺交換した人や企業に関するニュースを表示し、お知らせします。ニュースには人事異動・連絡先変更、社内のニュース、企業の...

機能

スマホアプリ

Sansanのスマホアプリとは WEBブラウザでの利用と同様、Sansanは、スマートフォンアプリでも利用することができます。スマホアプリを...

投資先・協業企業の正しい情報を得る

投資や協業先候補を見つけたら、次はその企業を正しく理解し、実際にアプローチをするか検討しましょう。その際、公的な情報と自社ならではの情報を掛け合わせることがポイントです。

企業DBでは、従業員数や資本金、最新期業績売上高、決算年月といった、企業の正確な情報を閲覧できます。
加えて、取引先・商談先など既に自社と接点のある企業の場合は、いつどんな経緯でできたつながりかを確認でき、社内の人脈を生かしたアプローチにつながります。
例えばコンタクトを使うと、過去の商談内容や自社・相手先含めた参加者を確認できます。
契約管理オプション商談管理オプションでは、顧客情報を登録するだけで、クラウドサインで締結した契約関連情報やSalesforce®上の商談情報も閲覧できるようになり、過去の取引実績や関係者をひと目で把握することができます。

自社との過去接点や先方との関係性、人脈などから多角的に見ることで、正確な判断が可能になり、複数候補の中からのアプローチの優先順位付けに役立ちます。

機能

企業DB

100万件の企業情報が標準搭載されたデータベースです。企業のホームページ情報、有価証券報告書、役職者情報などが集約されており、接点の有無を問わず最新の...

機能

コンタクト

コンタクトとは、名刺交換をした相手に対して、その後のコンタクト履歴(面会や電話、メール)を人物に紐づけて記録を残すことができる機能です。コン...

オプション

契約管理オプション for クラウドサイン

契約管理オプションは、顧客情報を登録するだけで、クラウドサインで締結した契約関連情報を、Sansan上で確認可能になります。法務の業務負担が軽減するとともに...

オプション

商談管理オプション for Salesforce

Sansanの商談管理オプションは、最新で正確な顧客情報が反映された、Salesforce上の商談情報を、Sansanの会社詳細画面にて閲覧することが可能になります...

相手企業のキーパーソンを見つける

投資や協業、資金調達に関わる業務は秘匿性が高い場合が多く、遠回りにアプローチするとかえって情報が漏れてしまう懸念があります。それを避けるためにも、素早く社長・役員・ファンドの投資責任者などキーパーソンを見つけ、接触することが重要です。

接点マップでは、自社の誰が、相手企業の誰と出会っているのかがわかり、相手企業の名刺獲得枚数や役職ランク別の接点から関係性を推測することができます。
また、既に自社と接点のある人を調べたい場合は、名刺・人物情報画面を見ると、相手の役職や経歴などバックグラウンドとなる情報がわかります。

これらを活用することで、相手先の役職が高い人に直接連絡したり、自社との関係性が強い人に相談をしてキーパーソンを紹介してもらう、などの戦略立てを簡単に行えます。

機能

接点マップ

接点マップについてご説明します。接点マップとは、Sansanが独自でマッピングした機能です。営業戦略を立てる際に、どの部署のどの役職の人にア...

機能

名刺・人物情報

Sansanでは、どんな情報を確認したいのか、時々のケースにより、任意の情報を効率的に確認することができます。今回は「名刺情報」「人物情報」...

※ Salesforce は Salesforce.com, Inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

機能活用のための参考記事

他の業務を見る